アワード Award

第30回 日本小動物歯科研究会 症例検討会

今年も症例検討会においてライオン商事株式会社様とマースジャパンリミテッド様のご提供により各アワードが決定されました。なお、今年は、奨励賞において審査結果が同点であったためにそれぞれ 2 演題ずつになりました。受賞された先生方、誠におめでとうございます。今後とも優れたご発表をお待ちしております。この結果がおのずと今後の獣医学の発展に寄与するものと確信しております。

ライオン商事 アワード

最優秀賞
杉井めぐみ
(アポロどうぶつ病院 / Vettec Dentistry)
「上下顎骨折した猫の一例」
優秀賞
網本昭輝
(日本小動物歯科研究会 /アミカペットクリニック)
「犬の頭蓋における裂肉歯と犬歯の歯冠の大きさと歯根長の関係」
奨励賞
伊藤 雄
(オノデラ動物病院)
「頬骨腺癌の犬の一例」
奨励賞
三宅宏幸
(倉敷動物医療センター / アイビー動物クリニック)
「軟口蓋に発生した悪性黒色腫の犬の一例」

マースジャパンリミテッド アワード

最優秀賞
鈴木理沙
(千村どうぶつ病院)
「病的下顎骨骨折に対しプレート設置後に来診し再固定を行った犬の 2 例」
優秀賞
網本昭輝
(日本小動物歯科研究会 / アミカペットクリニック)
「多用途型歯垢・歯石検査用ライトの開発」
奨励賞
田村和也
(たむら動物クリニック)
「抜去歯透明標本を用いた抜髄根管充填における穿通性確保の必要性の検討」
奨励賞
小暮啓介
(フジタ動物病院)
「猫の歯肉口内炎に対する抜歯による治療効果の特徴」